HOME > みちのくトレイルクラブとは > 統括本部:MTC > スタッフ

Staff

佐々木 豊志(ささき  とよし)

代表理事

佐々木 豊志(ささき とよし)

1957年岩手県生まれ
 岩手に生まれ育ち、幼少年期に体験をした様々な自然体験の影響を受け野外教育・冒険教育の道に進む。1992年リオデジャネイロで開催された「地球サミット」を機に環境問題にも関心が広がる。1996年に私費を投じてくりこま高原自然学校を開校し青少年の「生きる力」を育む教育活動を実践してきた。農的な暮らしと自然と共生し持続可能な豊かな暮らしを創造できる〝人〟と〝社会〟づくりに取り組んでいる。2008年岩手・宮城内陸地震で被災し活動拠点を失う。2011年東日本大震災でいち早くボランティアセンターを設置し支援活動に遁走し、環境省が取り組む復興プロジェクトである「みちのく潮風トレイル」に参画をする。現在は青森大学総合経営学部で自然体験活動や環境教育活動の社会的役割について研究し、世界的な取り組みであるSDGsを大学内外で展開している。

相澤 久美(あいざわ  くみ)

常務理事/事務局長

相澤 久美(あいざわ くみ)

1969年 東京生まれ、日本各地、アメリカ東海岸育ち。
日本各地を転々とし、幼少期から海、山、川の近くで自然にまみれて育つ。高校、大学はアメリカで6年間過ごし帰国。その後、建築設計事務所を軸に雑誌や書籍の編集、映画プロデュース、地域のアートプロジェクトなどに携わり、チームでのものづくりに携わる。2011年から東北沿岸部に通い、たくさんの皆さんのお世話になり学び過ごしている。2015年よりみちのく潮風トレイルの管理運営計画策定に携わり、NPO法人みちのくトレイルクラブを立ち上げ現在に至る。歩く旅の面白さに魅了され、ハイキング文化醸成はライフワーク。多くの方々との協働に感謝する日々。
震災リゲイン 代表理事、silent voice、トレイルブレイズハイキング研究所、RQ災害教育センター、マザー・アーキテクチュア等の理事を兼務。
2021年4月より青森大学客員教授。

加藤 正芳(かとう まさよし)

理事

加藤 正芳(かとう まさよし)

さいたま市生まれ。長年携わってきた高等学校教育をリタイア後、毎年信越トレイルを歩いてくるなかで、一歳違いの兄・加藤則芳の縁で「みちのくトレイルクラブ」立ち上げの段階から理事に就任。2006年頃から三陸沿岸部を貫くトレイルをつくりたい(当時は「三陸トレイル」と言っていた)という話は兄から何度か聞いていたが、結果として則芳の悲願であった「みちのく潮風トレイル」が、2019年6月に1000㎞を超えるわが国最長のナショナルトレイルとして全線開通したことを心から喜んでくれていると思う。セクションハイクのくりかえしという形ながら、自ら歩くことのかなわなかった則芳の思いを背負って、遺品であるバンダナを携えながらみちのく潮風トレイルを全線踏破した。

松井 章(まつい あき)

理事

松井 章(まつい あき)

みちのく潮風トレイルの熱狂的なファンのひとり。
2017年からみちのく潮風トレイルの仕事の縁で、気がつけばみちのくトレイルクラブの理事になっていた。みちのく潮風トレイルを歩くことで出会った、海の美しさ、空の広がり、森の息づかい、せせらぎの反射、それとなによりもすれ違う人たちの温かさにどはまりしている。 そして心が豊かで大好きなロングハイカーの人たちと時間を共にできるよう、2021年から三陸復興国立公園の南端でトレイルエンジェルになって、このみちのく潮風トレイルがまず100年続く道になれるよう楽しみたいと思っている。

土屋 智哉(つちや ともや)

理事

土屋 智哉(つちや ともよし)

1971年生まれ。古書店で手にした『バックパッキング入門』に魅了され、大学探検部で登山をはじめる。卒業後アウトドアショップ勤務時代にウルトラライトハイキングに出会い「歩き旅」の素晴らしさを再発見。2008年東京三鷹にウルトラライトハイキングとロングトレイルの専門店ハイカーズデポをオープン。自らもジョン・ミューア・トレイル、コロラド・トレイルといった海外トレイルをスルーハイク。2019年には全米最古のトレイルであるバーモント州ロングトレイルを訪れている。国内でも奥多摩から北アルプスまでの300km山岳ハイクなど長距離ハイキングを実践している。
妻の実家が三陸宮古の海産物屋ということもあり、みちのく潮風トレイルには地元のような親しみを感じている。また故加藤則芳氏が抱いていたこのトレイルへの情熱を直接聞いていることもあり、自らの故郷に世界基準の長距離トレイルを根付かせたいという思いは強い。
ショップ経営だけでなくイベント等にも積極的に参加し、ウルトラライトハイキングとロングトレイルの魅力を伝えている。
著書「ウルトラライトハイキング」(山と渓谷社)。共著「無人地帯の遊び方 人力移動と野営術」(グラフィック社)

関 博充(せき ひろみつ)

事務局次長/統括本部長

関 博充(せき ひろみつ)

茨城県水戸市生まれ。大学時代に、古代東北の鉄文化に興味を持ち、縁もゆかりもない東北太平洋岸を行き来するようになりましたが、その頃から多くの心温かい東北の方々が支えてくださいました。東北地方太平洋沖地震・津波が起きた時は岩手県盛岡市に調査で滞在していましたが、その時のご縁で、三陸ジオパークの仕事に就き、岩手県宮古市に転居しました。三陸の地域と人の魅力にどっぷりとはまり、すっかり抜けられなくなった私は、その魅力を多くの人に知っていただきたい、と常日頃考えていますが、歩く速度で長期間にわたって三陸を堪能することができる「みちのく潮風トレイル」は、まさにうってつけです。歩く旅をぜひ三陸で。

板橋 真美(いたばし まさみ)

事務局次長/名取トレイルセンター副センター長

板橋 真美(いたばし まさみ)

前職(東北地方環境事務所)からみちのく潮風トレイルの広報担当として、この道の魅力をPRしてきました。生まれも育ちも宮城で、東日本大震災を経験し、震災復興に少しでも役に立ちたいと思っていた時に縁あってこの事業に関わりました。みちのく潮風トレイルが「震災の記憶を後世に伝える道」であり、「地域の人と外から歩きに来た人の間に心の交流が生まれる」というところに深く共感し、(被災地域にこの道が完全に繋がるところまで見届けたい)と当時強く思ったことを覚えています。この道が少しずつ繋がっていくのと時を同じくして、私の心もいつの間にか過去のあの日から未来へと向きを変えました。歩いて人生観が変わるハイカーがいるように、道を支えることによって人生観が変わる人がいてもいいんじゃないかと思っています。それが今の私です。

板谷 学(いたや まなぶ)

センター長

板谷 学(いたや まなぶ)

1962年6月1日生まれ
2019年の1年間はキャンピングカーで旅をしながら日本の山やトレイルを歩くことにしよう。そう決めて準備を始めた2月に、ふと参加した「Long Distance Hikers Day」で、Hiker’s Depotの土屋さんと長谷川さんがみちのく潮風トレイルのことを熱く語るのを聞き、これは絶対に歩きに行こう、日本のHikerとしてこの道を育てなければ、と強く想ったのが、そもそもの始まり。 九州や北海道の山々、北根室ランチウェイや信越トレイルなどあちこち歩き回った後、いよいよみちのく潮風トレイルを歩き出そうかという10月に台風19号が襲来。スタートを延期、待機しながら、何か出来ないかと悶々としていた時にHiker仲間からの誘いを受けて、11月に台風被害調査に参加した。その後、青森県八戸市からスタート、実質47日間かけて南下でスルーハイクして福島県相馬市にゴール。
自分の足で歩いた1,025kmの旅は、想像をはるかに超えた素晴らしい旅になった。 歩き終わって、2020年2月からみちのくトレイルクラブ事務局で勤務開始。 みちのく潮風トレイルでたくさんの方に優しく助けてもらった経験を、今度はハイカーに対して恩返ししていきたいと思いながら名取トレイルセンターで働いている。 僕にとってみちのく潮風トレイルは、いろいろな事や人に繋げてくれる、Trail Magicならぬ「Magic Trail」だった。

西澤 美幸(にしざわ みゆき)

地域協働担当

西澤 美幸(にしざわ みゆき)

北海道生まれ、北海道育ち、北海道で働いてきました。「地域の方々と協力して地域づくりがしたい」と転職を決意し、仕事を探していたところ、紹介してもらったのが当法人の木村前理事でした。木村前理事とお話しし、初めてトレイルという言葉を知った超初心者ですが、その翌日には名取に飛んで職場見学をする超行動派でもあります。みちのく潮風トレイルに関わり、色んな地域の方とお話をし、一緒に活動を楽しみながら、東北や震災、トレイルについて教わり学ぶ毎日です。みちのく潮風トレイルのうち歩いたことのある区間が、職員の中で最も短いという不名誉を返上すべく、少しずつ歩いて全線踏破を目指します。

森 恭平(もり きょうへい)

トレイル運営/物販担当

森 恭平(もり きょうへい)

和歌山生まれ大阪育ち。人生初の一人旅とママチャリで家出(目標は日本一周、現実は大阪と和歌山の間で補導)をしてしまうような多感な中学生時代を過ごし、時は流れて大学2年生の夏、みちのく潮風トレイルのモニター企画「あるいて、つないで、みちになる。」に参加して、トレイルの北部を踏破したのが、このトレイルとの出会いです。 大学4年目に休学し、英語はできないのに海外をふらつき、帰国して就活留年を経て大学を9月に卒業。社会人になるまでの半年の間に、語学留学をするか、みちのく潮風トレイルを踏破するか迷い、東北へ赴きました。八戸からトレイルを歩き出したものの、開始3日で足を痛め、いろんな方に助けていただきながら、なんとか松川浦に到着。すっかり東北が好きになりました。ハイク中、国道に迂回しまくったことからスルーハイカーと呼ばれることに違和感を覚える今日この頃。 板谷さんに「じゃあバックパッカーかな?」と言われ、その響きがしっくり来ている模様。

トマス・アンナ

アルバイトスタッフ

トマス・アンナ

出身はアメリカのオレゴン州です。
オレゴンは、カルリフォニアとワシントンの間にある、西海岸沿いの州です。
日本食は?ゴーヤ以外大好きですよ。納豆や白子も大好物。それと…日本酒。
いつの間にか、日本在住歴10年になって、その大半は岩手で過ごしました。去年宮城県(柴田町)に引っ越してきて、地名が読めません泣…
趣味は、ハイキングやバードウオッチング、最近はプログラミング。
相棒は、旦那に牙の長い黒猫。
みちのく潮風トレイルのセクションハイカーで、700キロを歩いたところです。セクションハイカーならでの交通・宿泊施設情報がわかるのでご気軽に相談を。水曜日&土曜日は名取トレイルセンターにいます!

TOP