みちのくを歩く道 繋げる 続ける 歩く
SCROLL

4県28市町村をつなぐロングトレイル
【青森県】八戸市・階上町【岩手県】洋野町・久慈市・
野田村・普代村・田野畑村・岩泉町・宮古市・山田町・
大槌町・釜石市・大船渡市・陸前高田市【宮城県】気仙沼市・南三陸町・女川町・石巻市・東松島市・塩竈市・
多賀城市・仙台市・名取市・岩沼市・亘理町・山元町【福島県】新地町・相馬市

About
the Michinoku Coastal Trail

Trail Center and Satellite
Facility Information

トレイルセンターは、トレイル上に位置する5つのサテライト施設と連携して、
全線のルート状況や、宿泊、飲食、トイレなどの施設情報、各地のイベント情報などを集約、発信し、
ハイカーの皆さんが快適にトレイルを楽しめるよう各種サポートを提供します。

Michinoku
Coastal Trail Charter

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、東北太平洋沿岸に未曾有の被害をもたらしました。千年に一度と言われる自然の猛威に直面し、自然とどのように向き合うべきか国内外問わず世界中の多くの人達が考えざるを得ない大きな転換点となりました。

環境省は震災後、持続可能な地域づくりを目指すと共に豊かな自然と地域の暮らしを未来に引き継ぐため「グリーン復興プロジェクト」を策定し、取り組みを進めてきました。その取り組みの一つが「みちのく潮風トレイル」です。

自然と人との関わり方を考えるために「自然の中を歩くこと」の大切さを提唱し続けた加藤則芳氏より「三陸海岸の国立公園を通るナショナルトレイルを官民協働で」との提唱を受け、青森県八戸市から福島県相馬市までの4県28市町村にまたがり太平洋沿岸を一本の道でつなぐ、海岸のロングトレイル が誕生しました。美しい自然や景観はもちろんのこと、地域に暮らす人々とこの地を訪れる人々との交流、自然の恵みと震災の記憶、自然との共生の中で育まれた暮らしや歴史・文化を大切にし、このトレイルに関わる人々にとって、「自然と人の共生」を示す象徴の道となり、誇りあるナショナルトレイルとして存続することを願い、ここに6つの憲章を定めます。

  1. 美しい風景と風土を楽しむ道とします。
  2. 地域に暮らす人々とこの地を訪れる人々との間に心の交流が生まれる道とします。
  3. 自然の優しさと厳しさを胸に刻む道とします。
  4. 震災をいつまでも語り継ぐための記憶の道とします。
  5. 豊かな自然・文化を次世代へ受け継ぐ道とします。
  6. 歩くことを愛する全ての人々を歓迎し、皆で育てる道とします。

How to Enjoy
the Michinoku Coastal Trail

みちのく潮風トレイルは、青森県八戸市から福島県相馬市までの4県28市町村をつなぐ、
全長1000キロを超えるロングトレイルです。環境省をはじめ、関係自治体、民間団体、地域住民の協働により
設定されました。歩く文化を通して「自然と人間の共生」、「環境問題」への意識啓発、
「東日本大震災の記憶」の継承を目指すナショナルトレイルです。

安全に歩くために

安全に歩くために

トレイルセンターやサテライトでは、トレイルに関する様々な情報発信を行いますが、安全管理は自己責任が基本です。歩く前には必ず<公式トレイルマップ>を入手し、情報を集め、計画を立てて歩きましょう。
一部、公共交通機関がなく、登山に等しい区間もありますので、装備に関する情報収集も必要です。

ルートとマップ

ルートとマップ

トレイルルートは環境省が発行する<公式マップ>及び、環境省ホームページで確認できます。公式マップは、トレイルセンター及び各サテライト施設などの窓口で入手できるほか、郵送での取寄せも可能です。詳細は環境省ホームページまたは名取トレイルセンターにお問合せください。また、Google MAP上でトレイルルートを公開しており、GPSデータのダウンロード可能です。

How to Access
the Michinoku Coastal Trail

TOP